FC2ブログ

記事一覧

もっと、褒めようよ(長文気味)

今日、ちょっとした時間で

コレを読んでいた。

PHP (ピーエイチピー) スペシャル 2014年 01月号 [雑誌]PHP (ピーエイチピー) スペシャル 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/12/09)
不明

商品詳細を見る


最初のほうに
自分の感情の「ちらかり度」をチェックする簡単なテストが載っていて

さまざまな感情が渦巻いているのか、
それともすっきり片付けられているのか、が分かるという。

さっそくやってみたらば・・・


心のちらかり度、レベルMAXでした(爆)
『感情噴出し型』らしい。
よいものも、わるいものも含めて。

まさに、そんな俺のような人にぴったりの
自分の心の状態と、向きあうためのヒントとして

具体的に行動で整理できるアドバイスや
人格者のありがたいお言葉が、
その後のページにたくさん載ってますよ。

くわしい内容は、著作権にかかわるだろうから紹介しませんが。

読んでいるだけでも、
今、ごっちゃまぜの気持ちが
上から順に引き出しにしまわれていく感覚に。


しばらくして
「相手の心の落ち着かせ方」がテーマの文章を読んでいくと
ふと、
過去の自分が頭をよぎった。


さっそく手元のメモに乱文を。

『自分で自分を労ろう』と。

人に癒してもらおう、愛してもらおう、甘えさせてもらおうetc・・・
という、
「人」であればふつうにある、受身の感情。

その感情が、
俺には高校生あたりから、ほとんど無くなってしまった(笑)

恋人に媚びたり甘えたりすることも出来ず
「我が強いから、イヤだ」と言われてふられた経験もある。

お前から告ってきたくせになww

まぁ恋愛なんて、そんなもんだろう、
熱するのも冷めるのも互いの自己満足だろう、
と、思ってしまう、ひねくれた俺がいた。

おっと、
恋バナをするつもりはなかったんだがww

・・・人は
『だれかに認められたい』という承認欲求をもっているんだそうだ。

あ、猫もそんな欲求持ってるね。

「ねえねえ、見て!僕、こんな大きい獲物捕まえたよ!!」
って目の前にお供えしてくれるよねw

猫も、しかり。

人なら、なおさら。


でも
ウケ狙いで発した言葉に、大好きな人がドン引きしたり
頑張って頭をひねって考えたプレゼンを、上司に完全否定されたり
これはおいしく出来たぞ!って自信満々で皿に盛った料理に家族が「・・・」ってなったり

いろいろ、承認欲求が満たされない出来事って、個人の普段の生活にあると思うんだ。

そんなときに
「誰も認めてくれやしないけど、ここまで出来たじゃん!
俺、よくやった!!」
って、ほんの数秒間でも
自分で自分を褒め、満たされない自分を受け入れ、癒す、ことで
十分、その欲求は昇華できちゃう。


ねぇ、どうして褒めてくれないの?
どおしてわたしのこと、見てくれないの?
どおして、返事してくれないの?
ねぇ・・・


それが!
その感情の放置が!
欲求不満のはじまりになるのだよ。

相手に求めない。
世間にも、求めない。
なんにも、求めない。

求めないと、何故か手に入る。

ちょっとした、
上手くいかないこと
相手のイヤミな言動
自分の行動を妨げるトラブルetc・・・

生きてりゃ、日々そんなことの連続だ。
それが分かっていても
人だから、マイナス感情に飲み込まれる。
文句や愚痴ばかり。
その発した言葉を自分の耳で聞いて、余計にモヤモヤ。

まさに『言霊』ですな。

受身で日々を生きると、そうなる。
もちろん俺も、ちょっと油断すると、そうなる。


なので
自分で自分を認めてやる。
ちょっとした「いいこと」を見逃さず
そのつど、ラッキーだ!と喜ぶ。

自分は普段から
こんなに(ちいさい)ラッキーを経験してる!
ていうか、俺ってラッキーな人間じゃん!

そう思えたら、
毎日の生活で
しんどい出来事も
周りの人々の心ない言動にも

『自分を高めるための試練じゃん!こんな経験してる俺はラッキーだ!』って、
なぜか、いつのまにかそういう発想になっていく。

その出来事の瞬間は、傷ついたり、怒りが出たりの、
負の感情が湧いたとしても、だ。
↑これが不思議。
すぐに切り替えられる、というか。



PHPの小冊子には
いつも助けられている。

こころがモヤモヤ、負のスパイラルに落ちそうなときには
まず、小冊子をめくる。
てきとうにページをひらくと
なぜかそこに、その時点での感情を溶かすヒントが書かれている。

(この本を手に取るようになったきっかけは
営業職時代、俺が今でもリスペクトしている、
職場の大先輩が
朝のスピーチ時間に紹介していたから。
その人は、すばらしい人格者で
俺も、ああいう人になれたらなぁ、と思ってる)


PHPのおかげで、俺も
少しはあの人の人格に、近づいているような気がするよ。


そんな俺は、やっぱりラッキーだ。






関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

まめたろう

Author:まめたろう
テンション高めです。

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
53289位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15944位
サブジャンルランキングを見る>>

お越しいただきありがとうございます!

地道にやりますよ~