FC2ブログ

記事一覧

「初めての衝撃」というのは、こういうときに使うのか

 
今夜はコレで。

LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)
(2006/02/22)
槇原敬之、KURO 他

商品詳細を見る


マッキーのアルバムで
初めて、自分からアルバムの情報を調べて、初回限定盤で買ったもの。

初期のラブソングとか
よく聴く、冬向けの歌とか、

そういうものとは一線を画した
『人としての本質』みたいなものを、

なんでこんな言葉が浮かんでくるのか・・・!と、
聴くものが驚くほどの比喩表現を、巧みに使い、
曲たちに活き活きとした命を与えている。

このアルバムを手にして
そっこー家に帰って
初めて聴いたときの衝撃といったら、もう、ね・・・

歌詞が、メロディーが、心の深層部分に、すいーーーっと入り込んできたのさ。


とくに
Side:7 親指を隠さずに
Side:8 店じまい

この2曲は、ほんと、とくに衝撃的だった。

今までに、こういうテーマの歌は聴いたことがない。

重たいテーマなんだけど、
なぜか、そうは聴こえない。

マッキーの、繊細でやわらかい歌唱のせいだろうか。


アルバムの全体は、
ノスタルジックさがあふれる、とてもあたたかい楽曲がつまっている。


とにかくね、
歌詞を載せて、紹介させていただきたいんだけど
じゃすらくさんが、なにかおっしゃるかもしれないからやめておくわ(笑)


御一聴、願いたい。

関連記事
スポンサーサイト