FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中力と、自分の傾向(文章、長いよ)

ああ、なるほどなぁ・・・

いや、前々から、ずっと悩んでいたことがあって。


「集中力」が継続しない、こと。

とくに「読書中の集中力」の低下が著しい。

活字を追っていると、
とちゅうで、ふっ、と、その文章の内容とは全く違ったことを考え出している。

目は、活字を追っている。
思考は、あさっての方向へ。

我に帰ると、ページは進んでいる。
文章は、まったく頭に入っていないw


対処方法として、某サイトのかきこみに、

「脳を疲れさせないこと・理屈っぽく考えないこと」とあった。
それ、なんとなく、分かるんだ。が・・・、


マジメな文章をマジメに読み進めていると、
どーしても理屈っぽい思考になっちゃうんだよねww

困った。

その理屈が、違う屁理屈を呼んで・・・悪循環。


ええ、そーなのよ。
最近、マジメな内容の本、読んでんの。
今日も、そのとき、集中力が切れた。

興味があるのに、読み進められない。

なにかの、メンタル的ダメージでもあったのかねぇ。
(と、自分を俯瞰してみる)
・・・あった、かも。

ちなみに、今、読み進めている本。

パーソナリティ障害 いかに接し、どう克服するか (PHP新書)パーソナリティ障害 いかに接し、どう克服するか (PHP新書)
(2011/12/02)
岡田尊司

商品詳細を見る


歪んだ性愛による犯罪や、自己中心的な意思により起きる事件など・・・
その、きっかけとなる心理なども、この本の冷静な文章により、なんとなく分かってきた。

ニュースを、ただ見聞きしているだけだとさ、
その内容の強弱に関係なく
「信じられない!なんでそんなことするのかねぇ!」と、
ただのオバハンの愚痴のように片付けちゃうよね。

俺は、
そういうふうに犯罪などの現実の出来事をさらーっと流せないタイプで。

(そうやって、他の人に無い部類のストレスを、余計に溜め込む性質があるのかもなぁ)

どのような心理で、そういう犯罪をおかしてしまうんだろう?って、気になっちゃうんだ。
そこでこういうマジメな本が大活躍する。

周囲の人々の接し方とか
克服のプロセスとか。


もちろん、このパーソナリティ障害にかかわる話は、犯罪に限ったことではない。

もっともっと身近に感じる、性格的、行動的傾向。


それが、俺の中にも少なからずある。

読んでいて、気が付いた。



うまく伝わらないかもしれないが、記しておく。



俺は、常に社会に対して「生きづらさ」を、感じている。


前に、HSPという傾向の話を出した。

↓参考。みなさんも鑑定してみてね。

http://kantei.am/388797/

これによると「心が敏感すぎて、繊細」らしい。


図太く生きているように見られるが、決してそんなことはない。
言いたいことはズバッと言い、堂々と振舞っているが

それは、生きづらさに対する「メンタル的自己防衛」の表れであると、分析する。


育った環境と、まったく雰囲気が違う今の住環境。
自分の歪んだ傾向を、その「差」のせいにしていた部分もあったが・・・、

実は、環境のせいではなかったみたい。

昔から、その傾向があったんだ、俺には。
子どもの頃からね。

感受性が豊かだ、と、お褒めの言葉を頂いたこともあった。

それは自分でも長所だと思ってる。
それが薄れてしまえば、
ちょっとしたことで感激したり、涙したり笑ったり、が出来なくなるし
すばらしい芸術作品に触れても「ふーん」で片付けちゃうしね。

だから、それはそれで、今後も豊かさをふくらませていきたい。

しかし、その感受性のおかげで
人並み以上に傷ついたり、おちこんだり、憤慨したりして
生活や人間関係に支障が出ちゃうんだ。

そこに問題があって悩んでいたんだけど・・・

先の本を読んでいて、

時には、社会生活の中で『感受性の制御力』も必要だということにも気が付かされた。
愚直に受け止めすぎない、というか。
客観的な思考、というか。


・・・あぁ、何年も前から俺、こんなこと言ってるな。
その頃の俺から見て、今の俺、あまり成長してない?

AC(アダルト・チルドレン)の話もそうだけど。

本読んで、現実見たくなくて、悶々として、

生活環境変わって、柔軟性がないゆえに変化に適応できなくて
メンタルおかしくなって、からだこわして
心療内科に行って
「適応障害」「不安障害」という名前をカルテに書かれて
2年半くらい通って
和らいで、薬もいらなくなって
通院やめて

数年後、の、今。

職場環境のメンタルヘルスマネジメントの勉強もして、検定受かって。

成長した?
俺、何か変わった?

・・・ブログ書き続けてるおかげで、文章力が向上した。

それだけか?
メンタル的変化は?

一時的には、思考も柔軟になり、
『反吐が出るほど理不尽』な社会や人間達(自分を含む)を「赦す」ことも覚えた。

それは
心に沁みる歌を聴いている瞬間だったり
ステキな人徳をもつ人の本を読んでいるときだったり
山頂から、自分のいた下界を見渡したときだったり

ほんとうに、一時的。

この先も、ずっと、
俺は答えを追い求めていくのだろうか。


もしかしたら、答え、出ないのかもな。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。