FC2ブログ

記事一覧

しょうげきてきな「本」とのであい(ちょっと長文)

ある日、都市部に用があり、出かけた。いつものルーティーンで本屋さんに寄る。エッセイ系コミックやハードカバーの棚へ。そこでまさに、しょうげきてき!な、であいが。「カルト村で生まれました。」「さよなら、カルト村。~思春期から村を出るまで」驚いたその勢いのままに、この2冊を棚から抜き取り気が付いたらレジに並んでいた。高田かや さんの実録コミックです。カルト・・・のイメージの、キョウソさまがいたりアヤシイ...

続きを読む

いつも、こころが、まろやかになる

毎月、買っている本。小冊子「PHP」。「PHPスペシャル」のほうは、気になるタイトルだったら買う。病院の診察を待つ間。ガソリンスタンドで、洗車の仕上がりを待つ間。外食する場所で、なかなか料理が来ないときetcetc・・・小冊子なので、カバンに入れていてもかさばらない。2冊持ち歩きも、全然余裕だ。サっ!とカバンからスマートに取り出して涼しい顔して読む。わざと、周囲の人に表紙が見えるようにwwみなさんもぜひ読...

続きを読む

「地方」感

ふとした場面で実感する、「ここは地方」感。今日も『テレビ東京』で、リアルには夕方から夜のゴールデンタイムに放映している番組を居住地では、1か月ほど遅れて、土曜日の昼過ぎに放映している・・・。という現実を目の前に突き付けられ、ああ・・・わたしは地方民なのだ、関東じゃない地方民なのだ・・・と。ガラでもなく、センチメンタル。10数年前には、リアルタイムで観てたんだよぉ、コレぇ。でも地方局の情報・バラエティ...

続きを読む

表現と言論の自由、ってありがたい

最近、ネットでも「毒親」という、ただならぬ表現をよく目にする。母親から、兄弟間で差別的な態度をされたり、子育てに対して批判ばかりしてくる、とか。ちなみに私の親は・・・「毒」というほどではないが父親が若干厳しい。今現在でも、父に対する発言は、かなり気を遣う。父は『言葉』『考え方』に厳しいひとなのだ。私は最近このような書籍を数冊読んで「自分」を見直している。今の自分にある、考え方の癖、だったり性格だっ...

続きを読む