FC2ブログ

記事一覧

「決別」思い出し雑記⑤~一番怖い相手を折伏したときの話~

顕正会在籍時代の5年間ほどでセンセイやセンパイの指導を真に受けて数えきれないくらいの人に折伏をしていた。その中でほんとうに名の通り「命がけ」で実行した相手が・・・実の父親、であった。普段から、宗教のみならず、いろんな「組織」に対して、差別的な考え方を持っている父。自分の力で、苦労をして、成功を収めた『成功者』としてのプライドが人一倍強い、父。そんな父に、宗教の話、それも、「顕正会」の折伏。間違いな...

続きを読む

「決別」思い出し雑記④~ねずみ、といわれて~

あの頃のことを思い出し、忘れてはまた、思い出し・・・てな感じで日々を過ごしていた。今夜は言葉に出来そうだ。・・・バリバリの顕正会員時代、高校の同級生(男子)に折伏の約束を取り付けて地元の駅前のファーストフード屋に呼び出したんだ。彼は、生徒会の役員の経験もあり自分に自信を持っていたんだろう。雑談をしたあと、私は、いつもの通りに、(顕正会の内部で教わったこと。結局、まったくの間違いなことだったんだが。...

続きを読む

「決別」思い出し雑記③~世間一般と、顕正会との感覚のズレ

世間と、顕正会との感覚との、ズレ。一般社会に生きている社会人であればある程度は、世間のニュースや情報をいろんなコンテンツや、職場の人たちとの会話の中などで知っていくのだがバリバリ活動中の、現役顕正会員は情報源が:顕正新聞:会長センセイの指導:組織のセンパイの指導・・・以上!みたいな感じが多い。もちろん、顕正会員も(うわべは)世間一般の社会人をやっている方々も多いが顕正会の様々な活動を中心にしている...

続きを読む

「決別」思い出し雑記②~金銭感覚を狂わされたハナシ

当時、顕正会で次々と折伏をしていく中に学校の同級生や組織内でもうわさが広まって折伏の約束自体も取りにくくなって・・・。だんだん、遠い縁故まで辿ってみたり派遣の職場に属し、新しい人間関係を作ったり、とすべてが自分のためではなく顕正会のため、の行動でした・・・もちろん、派遣の仕事自体は、いい人生勉強になりましたしその選択自体には無駄はなかった、と思いますが・・・。ただ金銭感覚が、異常におかしくなった、...

続きを読む

「決別」思い出し雑記①~合宿研修会~

今現在は、開催されているかどうかは知らないのですが私の現役活動時代は「合宿研修会」なるものを開催してました。班長以上が参加資格を得、男子・女子・夫人・壮年 各部ごとで、2泊3日の合宿。開催場所はあの有名な 栃木県日光市の鬼怒川温泉。『あさやホテル』でした。すごいよね(笑)私自身、幼少のころに家族旅行であさやホテルに宿泊した経験があったので顕正会の活動としてあさやに泊まれるなんて・・・!!と、感激し...

続きを読む